協会概要

食卓から生きる力を。
料理を通じて生きぬく術を。

私は、何千人もの不健康な大人、何百人もの病気の子どもに出会った経験から、毎日心身ともに健やかに過ごすためには「子どもの頃からの料理体験」と「料理を一緒に食べること」が大切と考え、子ども達だけの食育を重視した料理教室を開催しています。
食育とは、「食の教育」と理解され、単に食べ物の話をすることだと思われることがあります。しかし実際は、食の知識と食の選び方を身につけ、健全な食生活を実践できるようにすることなのです。子どもも大人も、頭で理解しても実践することは難しいものです。当協会は、健康によい料理を自分達で作りあげ、それを一緒に食べることで、健康的な食生活を送ることができるようになることを目指しています。

食卓リョウリスト協会は、「社会生活で必要なスキルを、料理をしながら楽しく学ぶ」ということを実施しています。①心と体の健康をコントロールする力、②自尊感情を高め、自分と相手を大切にできる力、③対人関係を学び、人とつながる力、この3つの力を楽しく料理をしながら育んでいきます。
この3つの力が身につけば、社会の激しい変化の中でも、たくましく生きぬくことができます。子どもとご家族を始め、全ての人が健やかに生活できるように、食育を重視した料理教室を広めていきたいと考えています。

食卓リョウリスト協会 代表

大坪 さやか

協会理念

健康料理を自分で作ることで、心と体がたくましく

全ての人が、社会の激しい変化の中でも、楽しく健やかに生活してほしいと考えています。そして、子どもも大人も、自分の夢を見つけ、それを叶えてほしいと思います。そのために必要な土台である「心と体の健康」、「自尊感情」、「人とのつながり」の3つの力を料理を通して育みます。

  • 料理を通して、たくましい人を育てます。
  • 人々の健康のサポートをします。
  • 忙しい家族を応援し、料理ができる人を増やします。
  • 「健康」と「食育」を重視した料理教室を全国に広げます。
  • 健康・おいしい・簡単料理を開発します。

食卓リョウリストとは

「食卓リョウリスト」とは、料理を作り一緒に食べることを通して、健康的な食生活を伝える専門家です。健康によい料理を教えることで、「心身の健康」、「自尊感情」、「人とのつながり」の3つの力を与え、生きぬく力を育みます。「食卓」とは、料理を一緒に食べることをイメージし、「リョウリスト」は料理をする人をイメージしています。

代表プロフィール

大坪 さやか

管理栄養士、健康運動指導士、栄養教諭一種免許状

和歌山市出身。同志社女子大学卒業後、和歌山市保健所、健診機関、医療少年院、小学校で献立作成、食事相談、料理教室等の管理栄養士業務に10年以上携わる。
中学生の頃から始めたダイエットの失敗歴10年。管理栄養士となりダイエットは卒業。その経験をもとに、保健所、健診機関で個別食事相談500名以上、集団食事相談3000名以上に行う。医療少年院で1日3食×365日×5年間の献立を考える。日本で唯一、医療少年院での食育経験がある栄養教諭免許保持者。「こどもを健康に育てる管理栄養士」として、現在はこどもやプレママ向け料理教室を行う傍ら、食事相談、食育講演会、食卓リョウリスト養成などを行っている。

経歴についてはこちら

食卓リョウリスト協会

名称食卓リョウリスト協会
創立
2017年10月
設立2017年10月5日
代表大坪さやか
事業内容1 「健康」と「食育」を重視した料理教室の運営
2 食卓リョウリストの養成
3 健康レシピの開発
4 食育セミナーの開催