目標:こども料理教室で疲弊する人をなくす

こども料理教室は、社会的意義もあり

「やりたい!」という人もおり

「受けたい!」という需要もあり

良い循環を生み出しそうなのに、悪循環になっているのが現状です。

どうしてかというと、利益が低いし、難しい面もあるので

1人で起業をすると疲弊するからです‥‥。

私は、想いがあったし、メンタルが強い上、サポートしてくれる人がいたので何とか乗り越えられましたが

多くの人は乗り越えられないと思います。
(いろいろなトラブルが出てきます)

実際、こども料理教室を開業したものの、1~2年で辞めていく人は結構います。

こども料理教室以外にも、教室業、講師業も同じです。

辞めた人はどうなるかと言うと。

実例1 働きに出る

毎日働いているのに、利益が全然出ずに、結局「外で働いた方が効率が良い」ということに気づき、パートに出始める人が多いです。

実例2 高額セミナーを始める

利益が少なかったことの反動かもしれません。
〇〇セミナーというものを作ったり、どこかの認定講師になり、〇万円、〇〇万円規模で売り始めます。
そして、結局は、それも売れずに行き先を見失います。

実例3 コンサルを開始

利益が出ないものだから、自分の事業は諦めて、教室業、講師業をやりたい人を増やし始める「講師養成講座」を開始
「教室業は稼げる」、「楽しくてやりがいがある」ということを言われています。

なんか、おかしな循環が生まれている気がします。

一番の問題は、教室業の

・業務量が多い

・利益が少ない

というところです。

楽しくてやりがいはあるのですが、さすがにこんな状態では疲弊しますね。

そこで

業務量が多い ⇒ゆめつぼメソッドを丸ごと提供

利益が少ない ⇒ゆめつぼという肩書で集客、利益をあげられる

こんなことを思いつきました。

ゆめつぼは、単独校でも、利益を上げることができましたが

誰でもそれができるとは思わないです。(確率にして100人に1人はできると思います)

そのため、フランチャイズ校になるのがメリットが大きいと考えています。

町の小さな喫茶店は、利益がほとんどない状態ですが

店舗が多い、スターバックスはかなり利益が出ていますね。

マクドナルドが流行っているからと言って

個人でハンバーガー屋さんをやっても、利益は少ないです。

個々の教室の利益を上げるには、多店舗展開というシステムが効率が良いことは

昔から知られています。

ゆめつぼの理念に共感していただけて

こどもが好きな方には、ぜひ「こどもだけの料理教室ゆめつぼ〇〇校」として開業していただきたいと思います!

当協会の今年度の目標
こども料理教室で疲弊する人をなくす!

ということに取り組んでいきます^^