3年後の目標

こんにちは。

大坪です。

今日は、食卓リョウリスト協会の3年後の目標を書いてみようと思います。

5つあります。

長文です。

① 養成講座のオンライン化が定着

全国の人が気軽に受講できるシステムにします。

養成講座のオンライン化は、当初から考えていましたが

私がオンラインについて詳しくなかったり

対面の良さもあったので、踏み切れずにいましたが

オンラインの良さが分かったので、今後はオンラインにしていきます(^^)

② 北海道、東北、関東、中部、近畿、中国、四国、九州の各地域でリーダーを育てる

認定講師の中で、地域別にリーダーを育てたいと思います。

当協会は、今後はオンラインがメインですが

少なくとも、年1回は集まったり、対面のイベントもしていきます。

地域別にできたら、参加しやすいと思います(^^)

リーダーには、各地域で養成講座を開く権利を与えて

一緒になって、認定講師を増やしてほしいと考えています!

リーダーは、当協会の条件にあてはまる人で、希望した人にやってもらいます。

資格にはこだわらず、こどもに人気のある先生がいいと思っています。

③ 食育の研修所としての役割

食育が学べる機会って多くはありません。

決まりもありません。

それぞれの人が、思うようにやっており

ボランティアもあるし

園や学校でもあります。

民間施設として、理論と実践に基づいた、食育を学べる場を作りたいと考えています。

今は、私からお伝えしていますが

認定講師の数が増えたら

認定講師が先生になったり

外部の先生を呼んだり、できればいいと思います。

④ 料理業界に革命を

料理教室に関して、私はおかしいなぁと思っていることがいくつかあります。

でも、いろいろな需要があるので、それぞれの教室を否定はしません。

ただ、こども料理教室ではやめてほしいのが

「高カロリー、高塩分、高脂肪の料理やお菓子を教えること」

(こんな教室、実際いくつもありますよ。本人は気づけないのです。)

初めて習った料理が、こども達の基本となります。

高カロリー、高塩分、高脂肪の料理は、外食だけでいいじゃないでしょうか!?

家庭では、健康的な料理にしませんか。

保育園、小学校では、給食があります。

こども達から、美味しいと人気です。

給食の献立は、栄養士が考えています。

こども料理教室の献立も、栄養士が考えたらダメですか!?

でも、料理が苦手な栄養士は多いので、栄養士も混ぜてほしいというのが正しいかもしれません。

こども達に教えるのは、

食育を学んだ人がいいと思います。

料理教室は、おいしい料理を教えるだけじゃなくて

体によい料理を教えませんか!?

栄養士、料理が得意な人、料理が好きな人、料理が苦手な人

一緒に考えませんか!?

その他、もっとありますが、この辺で。

⑤ こども料理教室は管理栄養士が監修する

こども料理教室の献立は、栄養士も一緒に考えたいとお伝えしました。

当協会では、管理栄養士から献立の立て方をお伝えします。

栄養士じゃなくても

こども料理教室に合った献立を考える人を育てます。

しかし、結構難しいのも確かです。

そのため「ゆめつぼレシピ」を丸々使えるようにしようと思います。

ゆめつぼでは、動画を利用して、こども達に教えているので

レシピ、動画を丸ごと使えて、開業の敷居を下げたいと思います。

管理栄養士監修のレシピが使えます。

同じレシピを使うこと、メリットが沢山あります。

このメニューのときは、このような食育ができるとか

このメニューのときは、これに気をつけないといけない

と事前に把握しているので、危機管理もできます。

毎回、予想外なのが、こども料理教室なのですが

ある程度、把握することができます。

3年後の目標を軽く書いてみようと思いましたが

5つも出てきてしまいました(^_^;)

これに共感していただける方

ぜひ、感想を教えてください(*^^*)