健康がコンセプトの料理教室づくり

料理教室を開業する際

「食育」

「健康」

を売りにする方も多くいます。

人それぞれなので

どんな教室でも、ある程度のお客さんはつきます。

しかし、少数派がいいのか(趣味の延長)

ある程度の方に受講してほしいかで、コンセプトは考えた方がいいと思います。

健康

当協会のコンセプトでもありますが

多くの人に対して「健康」をコンセプトにした教室をするなら

「管理栄養士」が運営しているのは安心感があると言われます。

資格や実績がなく

自分で調べた知識で

「これは健康です」とお客さんに言ったところで

根拠がなく、おそらく信じてもらえないと思います・・・。

管理栄養士は

食べ物の栄養素を始め

食べ物の消化、吸収のしくみ

体の機能、医学的なことまで

一通り勉強しています。

そして、毎日の献立を考えられます。

そのため、健康をコンセプトにするなら

管理栄養士に監修してもらった方がいいと思います(^^)

一方、管理栄養士だけでは、人に伝わらないのも事実です。

頭が固くなりすぎて、難しく伝えてしまったり

食事バランスにこだわりすぎていたり(美味しさより、栄養にこだわりすぎて…)

私は、管理栄養士から学んだ

管理栄養士でない方が、伝えるのが一番良いと思っています。

当協会では、管理栄養士と栄養教諭の資格を持った講師から

理論と実践を学べます。

献立の立て方も学んで、必要性があったら「管理栄養士監修」の肩書きをお渡しできます。

管理栄養士でない方に

健康に特化した料理教室

を開いてほしいと思います。

でも、やっぱり資格や実績がないと、教室を開いても流行らないと思います。

健康な情報はあふれ

何が正しいか、根拠はどうなのか

人々は、ちゃんと判断するようになってきてますので

自力で行うと

流行らない教室になるだけです。

健康のことを考えた料理教室を開きたい方は

管理栄養士とコラボするのが一番だと思います(*^^*)