ニューヨークで「こども料理教室」

食卓リョウリスト養成講座を受けに、ニューヨーク在住のマクロビ料理家が来てくれました。

日本の発酵食品を広めるという素晴らしい活動をされており、メディアからも注目されている方です。

現在は、保育園給食・食育の立ち上げをしており

今後、子ども料理教室を開催しようと強い想いをお持ちで、はるばる大阪まで来てくれました。

受講後の感想をご紹介します。

 

■ 受講の動機

子どもがちゃんと料理ができるようになれる「子ども料理教室」をしたいと思ったため。

 

■ 学んだこと

子どもが料理を学ぶことを通して、子どもの将来の夢を実現化するお手伝いができる、食育とは素晴らしいものだという事に気が付きました。

 

■ 講座を受けてもらいたい方

料理教室を開講したい人を始め、小さな子どもを持つ親、学校の先生など子どもの教育に携わる全ての方に受けていただきたいと思いました。

 

■ 今後の目標

アメリカで日本の素晴らしい食文化+食育を広めていきたいです!

 

習慣や文化の違うアメリカ、「食育」の概念がないところで広めることは、とても難しいことだと思います。

時間はかかるかもしれませんが、この先生ならできると思います。

ニューヨークで広まれば、アメリカ中、世界中に広まるでしょう!

当協会としても、応援していきたいと思います(^^)